今まで筋トレで成果が出なかった原因

栄養の吸収率が悪い

人はそれぞれ体質が違いますので、吸収できる栄養の量が違います。

 

痩せている人は燃費が悪い可能性があります。

 

プロテインを飲んでもうまく代謝されず、筋肉に必要な成分がいきわたらない状態です。

 

このような人は、吸収率が非常にいいサプリを使いましょう。

 

最新の筋トレサプリなら、今までガリガリだった人でも筋トレで筋肉量を増やすことが可能です。

 

プロテインは消化吸収が悪い!?

プロテインには2種類あります。

牛乳由来のホエイと大豆(ソイ)です。

 

大豆は植物性なのでホエイより消化が悪く、吸収されるまで時間がかかります。
その性質を生かし、体内にそこそこのたんぱく質を一定量維持したい場合に飲むことがあります。

 

ホエイは比較的消化されやすく、吸収が早いため筋トレに向いているとされます。

 

しかし、そのホエイを使っても中々筋肉を増やせず悩む人も少なくありません。

 

ホエイプロテインで筋肉が増える人と増えない人の差は何なのか?


解説します。

 

原因は乳糖不耐症!?

乳糖不耐症をご存知でしょうか?

牛乳やヨーグルトなどの乳製品を口にしてお腹を壊す人いますよね。
その人は乳糖不耐症の可能性があります。

 

乳糖不耐症とは、牛乳や乳製品に含まれる乳糖(ラクトース)という糖類の成分を消化できないことです。
乳糖を消化するためには小腸でラクターゼという消化酵素によって乳糖を分解することが必要なのですが、ラクターゼが不足していると乳糖をうまく分解できず、乳糖がお腹に残ったままになります。

 

そのまま乳糖が大腸まで流れていくと、乳糖に群がる菌によってメタンなどのガスが発生し腹痛を引き起こします。
また、乳糖によって大腸内の浸透圧が上がると腸壁から水分染み出し、腸内が水っぽくなります。
これらによって下痢が引き起こされ、苦しむことになります。
これが乳糖不耐症のメカニズムです。

 

ちなみに、子供のころから乳製品を摂取していないと、この乳糖不耐症になりやすいです。
日本人は5人に1人が乳糖不耐症だそうです。
海外に比べてぶっちぎりに多いそうですね。

 

サイト運営スタッフは昔から根っからの牛乳嫌いなのでこの乳糖不耐症です。
給食の牛乳も全く飲めませんでした。
ヨーグルトは食べられるのですが、お腹を壊すのであまり食べられません。

 

 

このような乳糖不耐症がホエイプロテインとどう関係するかというと、実はホエイプロテインは牛乳からできています。
ヨーグルトをしばらく放っておくと染み出てくる水分ありますよね。あれがホエイ(乳清)です。

 

牛乳が原料だということは、ホエイプロテインにも当然乳糖も含まれています。
乳糖不耐症の人がホエイプロテインを飲むと、当然のことながら、腹痛や下痢を引き起こします。

 

この場合、栄養を吸収しようにも腹痛と下痢でどんどん流れていってしまうので、うまく吸収できません。
右から左にプロテインを垂れ流しているだけです。意味ないですね。

 

こういう理由で、本来筋トレ向きのホエイプロテインが効果を示せないことがあります。

 

プロテインがダメな人は筋トレサプリがおすすめ


サイト運営スタッフも、ガリガリだった頃にこれらの筋トレサプリ(HMBアルティメイトとクレアチンアルティメイト)を試しましたが、乳糖不耐症の症状は出ませんでした。

 

筋トレサプリは余計な成分を排除し、筋肉に必要な成分のみを凝縮しているので、当然乳糖も抜いているということですね。

 

それに、プロテインよりも効率よく栄養を摂れるので、最初から筋トレサプリを使った方が成長が早い人が多いと思います。

 

是非試して細マッチョになってくださいね!

 

 

食事は基本的に普通に食べて大丈夫!

食事も高たんぱく低カロリーにする必要があるのでは?

 

と考える人が多いと思いますが、基本的に気にしなくていいです。

 

もちろん、高たんぱく低カロリーを気にしてもらったほうが筋肉はつきやすいです。
しかし、筋肉量アップに必要な成分は、ガリガリの人でも効率よく吸収可能な筋トレサプリで摂取することにして、
食事は普通に食べてもらっても問題ないです。

 

それだけでも十分効果があります。
また、こちらの食べ物からサプリ並みの栄養素をとれるか?でも検証しましたが、基本的に食べ物からたんぱく質などを摂るのは非現実的です。
栄養素はサプリで摂りましょう。

 

筋トレ中におすすめな食事

とはいえ、どうせなら食事も気にしたいという方もいると思いますので、一応紹介します。

 

筋トレに向いている食品は次の通りです。

 

  • 鶏肉
  • 特に鳥の胸肉(皮無し)は100gあたり24g程度のたんぱく質が含まれており、高たんぱく・低カロリー食品の代表です。
    脂肪分を摂りすぎないように、さっとゆでてノンオイルのソースなどで食べると良いです。

  • 大豆
  • 大豆はプロテインの原料になるくらいなので、やはり高たんぱく。
    100g中35%がたんぱく質で鶏肉を抜いています。
    大豆はスープやみそ汁として摂るのがお手軽です。

  • 海苔
  • 意外でしょうが、海苔は高たんぱく低カロリーです。
    100g中39g程度がたんぱく質で、鶏肉や大豆より多いですね。
    ご飯のお供や、海苔巻き、おにぎりがおすすめです!

  • サバ
  • 魚介類ではトップクラスのサバです。
    100g中20gがたんぱく質です。
    缶詰がお手軽ですが、塩焼きやみそ煮など、おいしく簡単な料理が多いのもうれしいですね。

 

 

筋トレの仕方が間違っている

腹筋を割りたいからと言って毎日腹筋ばかりしたり、力こぶを作りたいからと言ってそこだけ鍛えたり・・・。

 

このように同じ個所を鍛えるのは良くないです。
筋肉が成長するためには筋肉の休息日が必要です。

 

筋トレした部位を休ませないと、筋肉は増えません。
筋肉を傷つけ続けているだけでは成長するタイミングが無いわけです。

 

必ず休息日を設けましょう。

 

筋肉への意識が足りない

筋トレするときに無意識にやってませんか?

 

ただ黙々と回数をこなすだけでは効果が薄いです。

 

芸人のなかやまきんにくんをご存知ですか?

 

彼がネタの中で、自分の筋肉に呼びかけて何か話していますよね。
これ、結構大事です。

 

筋肉に意識を向けて集中しながら筋トレをすると、その筋肉をより一層使おうという意識が芽生えて筋肉への負荷が上がります。これによって筋トレ効果が上がります。

 

筋トレ中に実際に話す必要はないですが、心の中で筋肉へ意識を向けましょう。